いとしさと切なさと離婚

離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、喧嘩になりやすいので、避けるのが賢明です。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。

興信所と探偵事務所の違いとしては、別段変わりは無いと言ってもよろしいでしょう。浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、仕事内容は類似しています。でも、差があるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。言うまでもありませんが、調査員が少数なら安く、多いほど高くなります。また、尾行のために車やバイクを使うと、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認するべきでしょう。

日々の生活の中で、相手の行動を観察するのは他人に頼まなくても可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が間違いありません。そして、探偵に頼むという事は、単に、浮気に関する証拠集めだけにとどまらず。いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。

今までと違った格好をするようになったら、危ない予兆です。浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選んで着るようになりだしたら、かなり浮気の恐れがあります。その中でも特に、趣味の良い下着を身につけるようになったら、浮気をしている場合が多くあります。

時間によって尾行料金が決まる場合、探偵の尾行時間が短い方が、費用が少なくなります。
pcmax
ですので、尾行を探偵にお願いするなら、日頃からパートナーの生活のパターンを観察しておく必要があります。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って追跡をお願いすると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットがあります。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても必ずしも「離婚した方がいい!」とは言い切れないのです。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に浮気をした、されたといってトントン拍子で離婚の話は進まないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう